2018年10月16日

アセンション後の地球ではこんなパターンでも結婚できますか? 読者の質問より

 

今日はクライアントさんからご質問をいただいたので、それにお答えしていこうと思います。

 

 

 
 
ーーーーー 

 

 

 

【質問1】

先祖ブロックは、婚家も関係ありますか?

 

 

 

 

宮様ブロックを受けた膿み出し時に、まず父親のことがムカついたのですが、その後に猛烈に義両親のことがムカつきました。

 

 

 

 

実は当初結婚に反対されていて色々あり(私は反対されていたことを、去年まで知らなかったのですが笑)、今は一応穏やかな関係に戻したものの、心の底ではまだムカつくのです。

 

 

 

 

これは、ただ私個人のブロックだと思っていたのですが、先祖解除で怒りがすごく出て来たので、

もしかしたら婚家の先祖も関係あるのかなと思いました。

 

 

 

 

コピアベートさんのこの記事も気になっていて、であれば、解除セッションは今後、婚家の苗字2つもお伝えした方がいいのかしら???なんて。。。

 

 

 

 

関係あるのであれば、今後ブログでもアクティベーションや解除セッション募集時に、アナウンスしていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

婚家に憂鬱を感じている日本の妻って、結構多いと思うんですよね。。。

 

 

 

 

婚家の窮屈さが和らぐってことは、そのセッションを受けたい!って思う理由の一つになると思うのです。

 

 

 

ーーーーー

 

 

まず端的にこのご質問にお答えします。

 

 

 

 

ズバリあります。

 

 

 

 

というか、もちろん!あります。ないわけない。

 

 

 

 

くらいの強さでこれはあり得ます。

 

 

 

 

というのも、結局ご先祖供養ってなんですかというと、御霊の慰めなんですね。

 

 

 

御霊って結局は幽霊のこと。

 

 

 

 

一般的に言われる浮遊霊とか地縛霊とかことだけじゃなくて、もうちゃんと成仏していて向こうの世界で平和に暮らしている幽霊(この場合は厳密には幽霊とは言わないかもですが)も含む幽霊さんたちです。

 

 

 

 

そしてこの存在たちは、肉体がなくてもエネルギー体として「想い」を抱えたまま存在している。

 

 

 

 

だとしたら、肉体や血の繋がりがある子孫にだけでなく、結婚して我が家系に迎え入れた子孫の嫁やその親族にまで「想い」は波及する。

 

 

 

 

わかりますか?

 

 

 

 

ということは、下手な幽霊ばっかりの因縁の悪い家系に嫁に行った途端に起きることがひどいことばかりになって、自分はおろか母や父にまでその被害が及ぶということはままあります。

 

 

 

 

逆に言えば、自分の家系のために先祖供養をしたとしても、結婚して入った家系の中で問題のある先祖たちがいて、これが動かないと自分が幸せになれないという、いわゆる「岩」の役目をしていた先祖がいたとしたらまずそこからどかされたりする。

 

 

 

 

先祖供養では一般的に、それを行う人や機関がエネルギー的に高ければ、繋がり先の神的存在が連なるエネルギーコードを見て必要ならそれをするでしょう。

 

 

 

 

ということは、エネルギーが動くのは自分ばかりではもちろんないし、ご主人も動くかもしれないし、ご主人の母も動くかもしれない。

 

 

 

 

場合によっては、離婚だということになって婚家の呪いから解き放たれる場合もあります。

 

 

 

 

まあこれはよっぽどのことで、ここを出ないとヤバイぞというときには苦肉の策で行われることなので、よほどのことがない限り先祖解除セッションで離婚に至るというのはないですが。

 

 

 

 

なくはないよ、と一応伝えておきます。

 

 

 

 

 

これについては、次のご質問にお答えしてからまた総合的なお話をしますね。

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

【質問2】

アセンション後、自分で人生を選べるようになる、ということについて、その範囲がどれくらいなのか、ちょっと混乱しているので教えてください。

 

 

 

 

例えば、【結婚したいのにできない!】と思っているが、以下の事情があるA〜Cさんがいたとします。

 

 

 

 

Aさん:重いカルマがあって、今世はそれを対処しなければならないから、今世は結婚できない。

 

 

 

 

Bさん: 過去世で悲しいことがあって、今世はプランで結婚しないと決めてきている。それが、すっごく強固。いろんなエネルギーワークを受けても、全然解きほぐされないくらい。

 

 

 

 

 

Cさん:お役目(ヒーラーなど)があり、結婚なんてしてる場合じゃないので、今世は結婚しないようになっている。

 

 

 

 

この場合、A〜Cさんは、アセンション後

 

 

 

 

・結婚できるようになるのか

 

・周波数を上げたりブロックを外したりすれば

 

(アセンションの上昇組に入れば)結婚できるのか

 

・いやいややはりこういった事情の場合は結婚できないのか

 

 

 

 

どれでしょうか?

 

 

 

 

ちょっとある人をお試しセッションしていると、

この問題が出てきてしまい。

 

 

 

 

本人は結婚したいけど、おそらくできなさそう。

 

 

 

 

でも、アセンションで変えられたりするのかしら?と思ったのです。

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

はい、これはとても良い質問ですね。

 

 

 

 

まず、これまでの地球だったらどれも結婚まずできません。

 

 

 

 

完全にできない。

 

 

 

 

なぜなら、まずAさん。

 

 

 

 

カルマを解消するために今世の人生を選んでいる人はけっこういます。

 

 

 

 

それはいわゆる生を選ぶ一つの理由としてはスタンダードだから。

 

 

 

 

なので、重いカルマをいっぺんに解消しようと意気込めば、もしかしたら不具者として生まれるかもしれないし、一生牢獄に入り続ける人生を選ぶ場合もあります。

 

 

 

 

でも大抵はそこまで重いカルマを一発解消はできなくて、むしろし損ねてさらに別のカルマを背負い込んでしまう場合もある。

 

 

 

 

すると逆効果になってしまうので、カルマは分散させていい部分と悪い部分をミックスさせて今世に持ち込むことの方が多い。

 

 

 

 

すると、よく使われるのがこの「結婚できない」カルマ。

 

 

 

 

もちろん、解消のためにわざと持ち込んでいるわけですから、苦しくても生き切ることに意義がある。

 

 

 

 

では、今のアセンションの地球ではこんなパターンでも結婚できるのか。

 

 

 

 

できます。

 

 

 

 

しかし、「必ず」と言い切れないのは、その人がやり方を心得るているのかいないのかで変わるから。

 

 

 

 

こういったブロック解除のワークをやるとかエネルギーを書き換えるとか、カルマ解消を早めるための生活を心がけるとかした場合、これはちゃんと結果が出て、例えば40代でできなくても50代でカルマが明けてできるようになる場合がある。

 

 

 

 

なぜかというと、やはりカルマ解消には一定の期間は必要で、ある程度の期間が過ぎたら、あとはエネルギーワークでいわゆる一般的なブロック外しの手法を使ったり、それでさらに弱まってきたらことが起きた現地に行くなどすることでスルッとはずれたりする。

 

 

 

 

たいていカルマ解消の期間中はとても辛いことが多く、それに慣れたり耐えたりしているということは筋トレをひたすらしているようなものでもあるので、カルマ明け以降は急に重い荷物がなくなったらすいすい歩けるように、スピードアップして幸せに王手をかけられる。

 

 

 

 

質問が多くあるので事細かに説明せずに先を急ぎますね。

 

 

 

 

Bさんの場合。

 

 

 

 

やはり、これまでの地球だったらできないことの方が多い。

 

 

 

 

なぜなら、これはカルマとは違うので定められた一定期間はできない、というようなお題はない。

 

 

 

 

だけども、心の傷って容易には癒せず、また固く「しない」と決めてきてしまってもいるわけですから、通常ではエネルギーが動くよほどのことが体験的にない限りまずできない。

 

 

 

 

だけども、アセンション後の地球は、あえてエネルギーワークをしなくても、条件さえ整えば勝手にブロックが外れていくことがある。

 

 

 

 

あるいは、ガイド的存在がその人を覚醒させるために何らかのエネルギーワークに誘うとき、ブロックに気づけばどんどん取り組んで行って、結果外せる。

 

 

 

 

どんなに固いブロックも、はずそうとこんこんとやり続ければ必ずはずれます。

 

 

 

 

やり方さえ間違えなければ、の一言に尽きますが。

 

 

 

 

そしてCさんの場合ですが、これが実は一番厄介かも。

 

 

 

 

というのは、お役目があることで結婚が許されない場合、それはそうだから。

 

 

 

 

アセンションした地球だろうがそうじゃなかろうが、できないときはできない。

 

 

 

 

だけども例外的に、ちゃんと役目を果たして、その役目を阻害せずむしろ促進させるような相手となら、あるいはそういうパートナーシップを組めるのなら、それは許される場合もあります。

 

 

 

 

ただ、どちらかというとお役目があるから結婚できないというパターンより、子供を持つことを許されない方が多いかもですね。 

 

 

 

 

まあ、この辺りは一元的に言えないことが多いですが。

 

 

 

 

しかし、例えば同じ役目を持って同じ時期にパートナーシップを組むために地球に進入してきている相手というのがいる場合もあるのでね。

 

 

 

 

しかし、子供を持って普通の家庭を築こうとした瞬間から邪魔が入る場合がある。

 

 

 

 

なんでというと、お役目をし損ねる可能性が高くなってしまうから。

 

 

 

 

そういう地球人としての普通の体験をするために地球に来たわけじゃないでしょ、とかね。

 

 

 

 

まあこれも、その人のお役目レベルや内容にもよるので、一元的に語るのはなかなか難しいところがありますが・・・。

 

 

 

 

大体こんなところになります。

 

 

 

 

 

総合的にこれらについて語ろうと思ったのですが、長くなりそうなのでまた記事を分けますね。

 

 

 

 

質問をくれたKちゃん、ありがとうございましたニコニコ

 

 

 

 

ではでは、また音譜

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /

人気記事ランキング

月別アーカイブ