2019年9月29日

過去世で憎しみ合った敵同士だった記憶を持つ親子は今世でも憎しみ合う

 

 

過去世カルマがどのように私たちの生活に影響するか、という話の続きです。

 

 

私たちは通常、今回の生で終わりで生まれ変わりなどない、という考え方を持たされて生きさせられています。

 

 

しかし、さまざまな記憶を辿るツールはすでに全世界で開発されてもいて、私はその代表的なツールである「ヘミシンク」を利用して、自分のたくさんの過去世にアクセスしてきた。

 

 

そして知るのは、やはり、過去世はあるということ。

 

 

そこで見た様々な場面は、やはりどこかで覚えていて「わかる」とただ思う。

 

 

そして、そこにスタックしている自分自身を救出することで、確実に私の内側の何かが変わるという体験を何度も何度もしてきた。

 

 

科学はこれらのことを証明できるでしょうか?

 

 

なぜ、私が映像を通して見た自分の過去世に語りかけ、癒し、その状態が変わることで、私の心の内側の変えられないと思っていたネガティヴな物の見方や心の状態が変わるのか。

 

 

そしてそれは、心の状態だけではなく、肉体のクセとして現れているようなものも含めて、確実な変化を私たちに与えてくれる。

 

 

私たちの人生に現れる出来事は、概ねほとんどが過去世体験の上に繰り広げられるもの。

 

 

過去世で悲恋を体験した相手とは、再び出会ってもやはり悲恋となる要素を含んでいる。

 

 

あるいは、敵同士として戦った相手とは、その感情をお互い覚えていて、たとえ今世は親子として生まれたとしても、憎しみ合い、いがみ合って人生のほとんどを過ごさなくてはならない。

 

 

私たちが知るべきなのは、やはり、「目に見えない世界に概ねほとんどの原因がある」ということ。

 

 

たとえば、どうしても憎しみ合ってしまう親子がいたとしよう。

 

 

それを現代科学では、「子供の頃の体験が」とか「心理学的にどうのこうの」という理由をつけ、心理療法やカウンセリングの手法で何とかしようとする。

 

 

だけども、その根幹の原因は今世になく、いくつか前の過去世にあったとき、そしてそれはお互いを殺し合うようなひどい憎しみの元に生まれさせられた敵同士だったとき。

 

 

やはり、その過去世の記憶の修正をしなければ、二人の憎しみ合う気持ちは消えない。

 

 

逆に言えば、カウンセリングなんて何度も受けなくたって、過去世の記憶にアクセスして、その時のネガティヴな想いを取り去れば、不思議なほど相手のことを許し合える気持ちは生まれる。

 

 

過去世の記憶の修正って、本当にたやすいときはたやすいんです。

 

 

そしてこれは、ヘミシンクのようなものを使って、今ここの場所から過去世にアクセスすることもできるけど、実際には、それがあった場所に行くことで簡単に修正ができる場合があります。

 

 

それを私は「旅で過去世を回収するやり方」としていて、皆にオススメしています。

 

 

回収の準備ができた過去世があるとき、それが起きた土地に行くことで、その修正は非常に簡単にできるので。

 

 

今度私はドイツに行きますが、もう行くと決まったときからいろいろ事は動き始めている。

 

 

特にマインツには、呪術も含めたドロドロした感情やネガティヴな想いが残されているみたいで。

 

 

最近、そういう自分の見たくない感情に再び向き合わされることが多いです。

 

 

すでに、先んじて3回セットのセッション中にマインツの呪術の解除のさわりだけさせられていたりもします。

 

 

すでにこれまでも、たくさんの方々のエネルギーを書き換えさせていただいてきていますが、こと、ドイツに関わる呪術も含めた解除は、やはりみんなにも必要みたいです。

 

 

ドイツに関わる過去世の修正を含む解除セッションは、10月初旬に募集開始をする予定です。

 

 

内容についてなども、近日中にお知らせするようにしますね。

 

 

また、引き続き、過去世カルマの話を書いていきたいと思います。

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

▼スポンサードリンク▼

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /

人気記事ランキング

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

月別アーカイブ