2019年10月28日

ドイツ旅行記2日目 シュトゥットガルトで魔空間をつぶす

 

 

ドイツ旅行の2日目、シュトゥットガルトに行きました。

 

 

シュトゥットガルトは小さな都市。

 

 

緑やお城が点在していてとても可愛らしい街でした。

 

 

なぜ私たちがシュトゥットガルトに来たのか。

 

 

最初、高次元の存在たちはこう言った。

 

 

「シュトゥットガルトは箸休め的な場所だから、のんびりして」。

 

 

ところが・・・。

 

 

シュトゥットガルトに向かって発つ朝、突如としてガイドたちはこう言い始めた。

 

 

「実は、シュトゥットガルトにはネガティブな罠がある。

 

 

その罠を外しに行って欲しいんだ」

 

 

と。

 

 

どういうこと??

 

 

結局ここも、ネガティヴ系の存在たちに魔法をかけられていて、魔空間に捕らえられたままの仲間たちが多数いると。

 

 

だから、その魔空間をつぶして、そこに囚われている存在たちを解き放って欲しい、ということでした。

 

 

私たちに何ができるのかよくわからないけど、とにかく、とある時間にとある空間に行き、そしてそれをサポートしてくれている高次意識体の連携プレーによって、囚われの存在たちは解放される。

 

 

そして、時空の歪みにあった空間は閉ざされて何もなくなっていく。

 

 

そういう風にガイドたちは言った。

 

 

だから私たちは、徒党を組んでシュトゥットガルトに行き、よくわからないまま救出のお手伝いをした。

 

 

その後私たちは、とある森まで案内された。

 

 

緑深い美しい森。

 

 

そこで、用意してきた薔薇の花びらを巻くことで意識の変容を行う「薔薇の儀」を行なった。

 

 

薔薇はこんなの。

 

 

それにたくさんのコマンドをかけて、花びらを一枚一枚もぎる。

 

 

そしてそれを撒いた。

 

 

この「薔薇の儀」に関しては、また動画で皆様にお伝えできたらと思っています。

 

 

端的に言って、シュトゥットガルトに漂っていたのは、中途半端な雰囲気。

 

 

愛されようともしないし、愛そうともしない、だけど離れるでもない。

 

 

そういう感覚知的なものがあるとき、そういう過去世が潜んでいたりする。

 

 

だから、個人的にはその中途半端意識の解放に行かされた模様。

 

 

だから、薔薇の花を解放に使った。

 

 

個人的にだけじゃなく、皆の解放にもきっとつながると信じています。

 

 

私たちは翌日、ついにマインツへと入る。

 

 

その話は、また明日。

 

 

それでは、本日も最後までお飲みいただきありがとうございました。

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /

人気記事ランキング

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

月別アーカイブ