先祖供養をすることで現れてくる存在たちを見ていて感じること | スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blog

2020年1月13日

先祖供養をすることで現れてくる存在たちを見ていて感じること

 

 

ハワイは最近、霧雨ばかり。

 

 

なので、よく虹が出ます。

 

 

ほぼここのところ毎日虹が出ています。

 

 

虹は希望の証。

 

 

皆さまに送ります。

 

 

さて、今日はまた不思議な、とても嫌な夢を立て続けに見ていました。

 

 

嫌な夢は正夢ではなく、肉体に内包されたネガティブなエネルギーが解放されていくときの知覚に他なりません。

 

 

やはり昨日、コンコンと先祖供養をしていたので、肉体側の奥深くに入り込んでいたエネルギーが動いたようです。

 

 

肉体側のエネルギーが動くときってすごくわかりやすくて、とにかく苦しい。

 

 

押し込められて、動けなかったはずのエネルギーが無理やり引っ張り出されてくる感じがするので、なんともいえない圧迫感と苦しさがあります。

 

 

昨日の夢は、おそらく花魁だった過去世と類似する先祖の体験であり、またその先祖はおそらく私の過去世でもあったようです。

 

 

簡単に言えば、全く心動かされない、好きでもない男とセックスをしなくてはいけない夢。

 

 

それはとてもリアルに現代風に書き換わっていて、私のことを好きでたまらない冴えない男がいる。

 

 

性格はすこぶる良いが、女あしらいがまったくなっていない。

 

 

延々と気が乗らない楽しくないデートに引っ張り回された挙句、汗びっしょりかいたその男とセックスをしなくてはならない。

 

 

性格はいい人だし、熱烈にこちらを思っている、またお金で拘束されているから断るべくもない。

 

 

女慣れしていないその男は下手くそな前戯を延々として、汗をかいた後の男の体と重ね合わせることの嫌悪感と併せて、心からうんざりしている。

 

 

この、腹の底で感じるイヤーな感じには、やはりどこか覚えがありました。

 

 

それはやはり、私が持っていたエネルギーだったから、これまでもこの人生のどこかで必ず使われて来ていたから。

 

 

男女関係に限らず、また恋愛関係に限らなくても、このジトッとした、気持ち悪くて吐き気がするような、じっと我慢するしかないような感覚はこれまでも私の人生で私をたびたび汚し、憂鬱にさせてきていたはず。

 

 

でも、この夢でこのエネルギーが解き放されたことを知覚するとき、この先の人生ではこのエネルギーが肉体からなくなるという意味合いにおいて、私はこういう嫌な感覚を今後感じながら生きて行かなくてよくなるということを表してもいて。

 

 

その夢では、男と交わった知覚はなく、ようやく挿入する・・・という段になって場面が変わった。

 

 

雨がしとしと降っていて、下水場の地下の濡れた場所を歩いている。

 

 

その後、その男と私は、水がいっぱいたまった浄水所の水がめみたいなところからびしょ濡れになって引っ張りあげられた。

 

 

これらの水が何を象徴しているかというと、つまりはセックス。

 

 

また、シモに関するさまざまな問題や感情やせめぎ合い。

 

 

エネルギー的には、セックスやシモのことや、秘密めいた戯事などはみな、水の気なのです。

 

 

これはつまり、私の恋愛ブロックやお金の問題を象徴する、花魁だったときの過去世や先祖の記憶が解かれた証でもある。

 

 

このブロックが解かれると、どのような影響が現実的に出るのか。

 

 

一つには、お金の強固なブロックが取り外され、金銭形態が良くなるようです。

 

 

なぜなら、必ずセクシャリティとお金って第2チャクラのエリアで紐付いている。

 

 

すると、セックスに対する嫌悪感やセックスしたくないという思いがなくなればなくなるほど、お金は手に入りやすくなります。

 

 

私の場合、このお金ブロックには先祖も絡んでいたようで、いくら先祖供養をしても、この花魁の先祖が流れを堰き止めていて、お金は子孫に流れてこなかった。

 

 

ちなみに、セックスやシモのことは水と関係すると言いましたが、実はシモだけじゃなくて、苦役労働ブロックや自分をいじめるブロックも水と関係してくる。

 

 

以前私はとある人を霊視したときに、水の中に頭を何度も何度もつけられてぐったりとしているその人の映像が見えた。

 

 

その後、親しくなってみると彼はとても苦役労働が好きな人でもあった。

 

 

自然と、無意識に、人の下に組み敷かれてしまう仕組みを持っていましたが、やはり先祖供養を進めていくうちにそのような傾向は格段と減ってきています。

 

 

なお、今回ハワイのカウアイ島とマウイ島から行う遠隔解除セッションですが、カウアイ島からはアースキーパークリスタルの力を借りながら、かなり先祖供養的なことを行なっていきます。

 

 

なぜなら、やはり私たちの生活を豊かにしていかない原因の一つとしては、先祖のブロックがあるから。

 

 

ですから、今回の遠隔では、一元的に普通のブロック解除をするだけではなく、たくさんの先祖をまとめてどかすということもやっていきます。

 

 

アースキーパークリスタルには、そのような力もあるから。

 

 

とてもたくさんの力を持っているアースキーパークリスタルならではの、男性性を開き、呪術を解除し、さらに邪魔をしている先祖をどかすということをやっていきます。

 

 

やはり、先祖を供養してどかしていくと、現実の動きがとても速くなります。

 

 

私は最近ハマっていることとして、ハワイの自宅に祭壇を設け、ひたすら毎日先祖供養をしています。

 

 

神棚と仏壇にさまざまな存在が現れては消えていくのが見えるので、それを見ているのが面白くてたまらないのです。

 

 

神棚には神様がいらっしゃり、これはほとんど動きがないのですが、先祖供養の場所には、基本的にこれから浄化されなくてはならない先祖の霊が現れてくる。

 

 

その姿を見ると、今の自分の状態や課題がはっきりとわかってくるのです。

 

 

たとえば、泣きながら巨漢のお坊さんがお供物を食べていたり、こちらを睨み付ける町娘が現れたり、こそこそと相談している討ち入りをしたがっているお侍さんが見えたり。

 

 

お経を読み上げているうちに、姿が見えなくなったり居眠りを始めたり、さまざまに変わっていく。

 

 

そのうちに、仏壇の方にも新しい神様的な仏様が現れて来たりして、なるほどこうやって先祖供養が進むと肉体側のお掃除が進み、現実がよくなるんだなあと感心しています。

 

 

マウイ島から送る遠隔ヒーリングの方にも、もちろん、大陸系の先祖たちを癒していく効果がありますから、こちらもぜひ、ご利用下さいね。

 

 

それでは、けいこヴァールハイトでした。

 

 

本日も良き日をお過ごしください。

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /

人気記事ランキング

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

月別アーカイブ

2020年