2020年7月20日

先祖解除セッションで外した、多くのネガティヴなエネルギーたち

 

 

昨日、『ワールド先祖解除セッション』をさせていただきました。

 

 

もう、何回目になるかわからないこの、先祖供養をメインとしたこのセッション。

 

 

確実にバージョンアップしています。

 

 

というのも、やはり私の能力の中に呪術解除が加わったからなのですが。

 

 

今回は特に、武士系先祖の呪術的なネガティブ影響にやられている方が多すぎて、エネルギーヒーリングの領域だけでは解除しきれないような先祖をお持ちの方も多くいた。

 

 

ということで、最終的にはグッズを使った呪術解除を行なって終了しました。

 

 

一部だけを写真でお見せすると、こんな感じ。

 

 

名簿と、形とお名前にエネルギーを乗せた仕組みを半紙にくるんで、これを頭を上にして土に埋めた。

 

 

なぜ、頭が上かというと、これはやはり、カカシのような、はりつけにされた人たちのイメージの集合体であるから。

 

 

手を後ろに縛られて、木にくくりつけられた多くの、エタヒニンのような扱いを受け続けた、商人や職人や、農民や、一般庶民の悲しみを主に、斬り捨てられた武士たちの怒りなど、様々な思いを封じ込めた。

 

 

もちろん、ここには、それらの人たちが苦しみから逃れるために行者や祈祷師に依頼をして、かけたりかけられたりした呪術を含みます。

 

 

敵方の武将たちにかけられたものや、主君にかけられたものもある。

 

 

この解除セッションの最終的な満了は、約75日となりますが、私は昨晩、ずっと面白い夢を見ていました。

 

 

解除セッション後は、ものすごく眠くなることも多い。

 

 

死んだように寝ながら、延々と意味不明な夢を見続けるわけです。

 

 

昨晩の夢は、まず一つ。

 

 

母が、私の家を全部きれいに掃除をしてくれていて、六つくらい大きな部屋があるのだけど、どの部屋を覗いても、ピターッと片付いていて、チリ一つない、という夢。

 

 

すべての物が、クローゼットなどに納められていて、どの部屋にも荷物が一つもない状態でした。

 

 

これは、母方の先祖から来る問題の多くが片付いた、という証の夢です。

 

 

通常、このような解除セッションを行うと、潜在意識のメタファーとして、部屋や入れ物などが出てくることが多い。

 

 

ですが、たいていは、皆でえっちらおっちら片付けをしている、乱雑な部屋として認識する。

 

 

今回、はじめて、ピターッと片付いた部屋が出てきて、驚きました。

 

 

そして、嬉しかった。

 

 

たくさんの問題が、片付いたんだな!と思ったから。

 

 

また、次の先祖的な問題は起きてくるかもしれませんが、とある部分の母方の先祖的問題が片付いたということは、この先のさらなる意識の変容もきっと表している。

 

 

 

また、一度起きてからまた寝ると、今度は、自分の血をすべて入れ替えて綺麗にしている夢を見た。

 

 

小さな病院の一室で、透析のようなものを受けている。

 

 

腕からチューブが伸びて、血がたくさん溜まった透明の箱につながっていて、そこで血を綺麗にしたあと、また私の中に戻す、ということをやっていた。

 

 

この夢の後、また一度起きて寝ると、引き続き、場面は違うけど全身の血を入れ替える夢でした。

 

 

これは、たくさんのメタファーが乗せられている夢。

 

 

一つは、「全身の血を入れ替える」という、夢の内容そのものの、私の血液の中に溜まりやすいネガティヴエネルギーを除去していることを表したもの。

 

 

健康被害が出かかっていたようなので、この影響力の除去をしてもらったようです。

 

 

もう一つは、私の人生プランのうちのいくつが、かなり大きくずれ始めていたため、軌道修正を表す意味での「すべてを入れ替える」ということが行われた、そのメタファーの夢でもあったようです。

 

 

この夢を見たということは、私の人生のその先にあったはずの、数々の家宝を取り損ねていたかもしれない、恐るべきネガティヴチェンジを避けられた、ということらしく。

 

 

たくさんの人にもこれは影響があった可能性が高く、一つのコミュニティの崩壊は、次の連鎖としての別の人たちの崩壊も表しますから、なかなかに大きな出来事を表す夢でもあったようでした。

 

 

そのほか、私が、魑魅魍魎の入った箱を開けて、中の説明をしていると、中から気持ち悪いムカデのような真っ黒い存在が逃げ出して、叫び声を上げて捕まえる、という夢も見た。

 

 

これは、昨日のセッションにご参加頂いた方々についていた、超ネガティヴ存在が昇華されるまでの一定期間、私のエネルギー場で預かっているみたいな状況を表した夢のようです。

 

 

この魑魅魍魎たちほ、皆、悪的存在というよりは、超ネガティブな意識体たちのくたびれ果てた姿です。

 

 

これは、戦争の時期にたくさん地球に下された、恐怖を形作っていたエネルギーでもあったようで、この恐怖エネルギーがある人たちは、自分のためにまっすぐ戦えない、という状態を持っていた。

 

 

その除去が進むと、皆、もっと自分を愛し労り、自分のために無益にならないことは「ノー」と言える強さを持てるようになる。

 

 

このネガティヴエネルギーは、戦争時に多く下されたものでもあるので、戦争体験者としての父や祖父や曽祖父や、親戚たちの受け続けた影響を、先祖エネルギーを通じて受け取ってしまった。
それを解除したということになります。

 

 

そのほか、朝起きてヘミシンクで浄化をしていると、背骨に沿って、たくさんの真っ黒い鎖がグルグル巻きついているのが見えて、それを取ったりもした。

 

 

また、肉体や脳や神経や、あらゆるところに黒い糸みたいなのが絡まっていて、それだけ必死により分ける、などの映像も。

 

 

すべては、エネルギーの世界において、知らない間に私たちの固定された価値観を創り出す元になっていた、私たちを幸せにしないネガティヴエネルギーです。

 

 

この、真っ黒いエネルギーを取り去らなければ、私たちは同じところをグルグルと歩き続けてしまっていたでしょう。

 

 

今回もまた、一時的に、膿み出しがひどく出る可能性はありますが、それが過ぎた後は必ず、新しく、自分たちを幸せにする意識が備わってきます。

 

 

受けてくださった方々は、ぜひ、満了時までの期間、ご自身を満たすような生き方を心がけてみてください。

 

 

意識の変容にも、ご注目を。

 

 

また、こちらの先祖解除セッションは、7月25日(土)の12時から、8月分の募集を開始させていただきます。

 

 

次の先祖解除セッションは、ちょうどお盆の真っ只中にあたる8月15日(土)に行いますから(ハワイ日付で。日本時間は8月16日の朝方)、たくさんのご先祖様のお弔いにはピッタリです。

 

 

重ねて受けていただくほど、様々な気づきや、解放や、導きが起きてきます。

 

 

さらにまた、私自身の能力アップと共に、術解放の手腕もパワフルになってきますので、多くの方にぜひ、お受けいただければと思っています。

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /
記事一覧
記事一覧

人気記事ランキング

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

月別アーカイブ

  • Love blooms