2020年11月14日

先祖供養を通じて私たちは根底から変われる

 

 

 

セッションの余波でしばらくブログ等書けないくらい、ぐだぐだになっておりました。

 

 

ぐだぐたといっても、グータラという意味ではなくて、なんだかよくわからない感じになってしまう精神状態も含めて言っています。

 

 

そういうときは、ネガティヴ存在たちの餌食になりやすく、半ばチャネりながら書いているようなこのブログもネガティヴの乗っ取りに遭いやすいため、あえて書けないまま、書かないで放っておくのがよい、という感じにしていました。

 

 

そろそろ復調傾向なので、また新たな意識で書いていこうと思います。

 

 

 

まず、本日より『ワールド先祖解除セッション』

 

 

の募集を開始させていただきました。

 

 

すでに多数の方よりお申し込みをいただいていますが、まだお席ございますのでご案内しますね。

 

 

先祖供養は本当に必要です。

 

 

特に、今私が行っているワールド先祖解除セッションは、最近では先祖系呪い・呪術に大きくフォーカスを当てていますから、他の方が行う通常の先祖供養よりはるかに効果が高いと自負しております。

 

 

値段で躊躇される方がおられるかもしれませんが、エネルギーバランスは常に正しく取っていく必要があるため、適正金額としての価格付けとなっております。

 

 

他の方の安い先祖供養をお受けになるよりも、確実さが違いますので、ぜひ一度、迷われている方がいたら受けてみられてください。

 

 

 

とはいえ、先祖解除セッションも、呪術解除スーパーと似たような感じで、これ!という変化は受けた直後はなかなかわかりづらいです。

 

 

なぜなら、先祖供養って一元的にはいかなくて、先祖の供養を経た後、先祖がどのように成仏し(あるいは格が上がり)守ってくれ出すか、影響や出方はその家それぞれの傾向によって違います。

 

 

ただ一つだけ言えるのは、先祖供養は先祖供養の形でないと直せない部分が大きいこと。

 

 

単純な呪術解除セッションや個人セッションでは手のつけられない領域に対して、お供物やお経の力を使いながら細かく多岐にわたる先祖的因縁・怨念を上げていきますから。

 

 

なので、呪術解除セッションももちろんお勧めしているのですが、先祖供養はまた別の方向性として、必要な方は必ず必要になってくるので、強くお勧めしている次第です。

 

 

 

最近、こんなことがありました。

 

 

とある、私の近しい親族の話になりますが、その人が死ぬ超超リアルな夢を見た。

 

 

今の年齢で、今の場面設定もいつもと変わらず、何も夢らしい超越した感じのない夢。

 

 

その中で、突然病を発症して、3日後に呆気なく死んでしまう。

 

 

私は、「生きている時にできたことがいくらでもあっただろう」と思いながら、悲しくて、悔しくて、後悔も含めて慟哭している。

 

 

その悲しさがリアルすぎて、体が痛くなるほど悲しんでいた。

 

 

もう2度と会えないと思うと。

 

 

起きた時に、久しぶりです、「夢でよかった〜!」と泣きそうになったのは。

 

 

でね、そのとき私のガイドがこう解説してくれた。

 

 

「手配が変わった夢だ」と。

 

 

すなわち、この夢はこれまで私が見てきたような、感情やネガティヴエネルギーリリースであるだけでなく(一部としてはその影響もある)、現実に起きる予定のことが変わった、あるいは変わりつつある夢だというのです。

 

 

実は、この近しい親族は、今回の私の『ワールド先祖解除セッション』を受ける予定になっています。

 

 

夫婦ともども、それぞれの名でお申し込みいただいているので、婚家も生家もどちらもお掃除します。

 

 

その影響がもう出始めているのだとか。

 

 

そして私は今、この親族のセッションを月に一回、半年くらい続けています。

 

 

その両方の効果が、このように現れてきているのだとか。

 

 

 

夢の報告を本人にしたとき、私は何も言っていませんが、本人はこう言っていた。

 

 

「正夢じゃないかな?」。

 

 

自分でも前々から50代で死ぬと思っていたし、とあるサイキックの有名な先生にも「2年後、病気で死ぬ予定になっています」と、2年前に言われたと言う。

 

 

そのとき、サイキックの先生は先祖供養を勧めてきたけれど、その価格が高すぎて恐れをなしてやめたとか。

 

 

もちろん、私は先祖供養の大変さを知っていますし、私のようにたくさんの人を同時にするのでなく、個人個人、別々にする場合、そのくらいのお金(ウン十万円)をいただくのは当然だと知っている。

 

 

が、彼女の中にはそういう感覚はなく、「高っ!」と思って、ぼったくられたくないからと思ったのもありやめたとか。

 

 

でも私は、その先生を存じ上げているので、インチキでないことだけはわかる(私も見てもらったことがあります)。

 

 

だから、きっと、そういう運命が変わり始めてきたのだろうと思うのです。

 

 

だって私は、その親族のセッションや先祖供養を、あえて自らやろうと思って始めたのではなく、とある時に私のガイドがサジェストしてきて、その流れで始めた。

 

 

初期の頃の親族のエネルギー&現実と、今のエネルギー&現実ははるかに違います。

 

 

本人も常々言っている。

 

 

「私、変わったよ〜!」。

 

 

それも含めて、高次元の存在たちが、私の先祖系ガイドも含めて知らないところで働いてくれていたんだなあと、感謝と共に感じます。

 

 

死んでほしくないですから。

 

 

私の変化としては、これまでこういう力や能力を、なぜか親族や家族には使えなかった。

 

 

恥ずかしかったし、理解していないだろうし、あえてそういう部分で接していなかった。

 

 

でも、私が変わり始めてきた時、内に内にとエネルギーを流せるようになってきた時、クライアントさんだけでなく、家族や親族や親友にこの力が躊躇なく使えるようになってきた。

 

 

これも、自分のエネルギーが内側に向かって流れるようになってきたからだな、と感じています。

 

 

また同時に、私自身の行う先祖供養が私の先祖に届いている証拠としての、家族や親族との関わりの変化、また親族の寿命の変容へと繋がっているのだとも感じます。

 

 

 

まあ、ということで、ぜひ、この機会に一度、皆様も先祖解除セッション、受けてみてください。

 

 

セドナで新たなヒーリング能力が開いた感がありますので、これまで以上に大きなエネルギーが流せ、かつ呪術も解除できるかと思っています。

 

 

お申し込み、詳細はホームページをご覧くださいね。

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /
記事一覧
記事一覧

人気記事ランキング

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

月別アーカイブ

  • Love blooms