2016年1月22日

占星術&方位&スピの観点からSMAP&ベッキーちゃん騒動を眺めてみる

 

こんにちは、あべです。

 

2016年の幕開け早々、芸能界がすごいことになってますよね。

 

私は普段ほとんどテレビを見ず、芸能界やタレントにも特別興味を持ったり誰かのファンであったりすることもないのですが、今回ばかりは芸能ニュースに釘づけです。

 

この間の『SMAP×SMAP』の生出演も、ヤフーニュースで情報を得て、絶対見逃さないように20時からテレビをつけていたくらい・・・。

 

わかりやすい人間です(笑)。

 

しかし、今回のSMAPさん&ベッキーちゃん、この二つの騒動を見てしみじみ思ったのは、「地球、アセンションしたんだなー」ってこと(なんでやオイ!笑)。

 

いや本当に。

 

アセンションを果たした地球で、今後はどんどん流れが加速して、いろいろなことが急速に変わっていくんだな~と、毎日ネットニュースを眺めながら思うわけです。

 

アセンション後の地球は、すべてが本質に還っていく流れ。

 

「本質に還る」って、いろんな意味があるけど、本当の意味で一つなるもの、創造主に還っていく、ということでもあるし、個人個人がそのまま、ありのままの自分になっていくということでもある。

 

ありのままの自分になるということは、嘘がつけなくなるということ。

 

自分に対しても、周りに対しても。

 

その人のいいところも悪いところも全部、筒抜けになっちゃう。

 

個人もそうだし、企業や団体もそう。

 

すべてが。

 

それに、いろんな制限がなくなって、あらゆるものが自由に、フラットになっていく流れもある。

 

特定の権力とか、「これはこういうもの」っていう常識とか価値観とかも。

 

ベッキーちゃんの本音が世の中に知れ渡ってしまったのとか、スポーツ紙や事務所が一丸となってストーリーを押し付けてきても国民はしらけ顔・・・どころか余計反感を持って抗おうとするのとか、本当にこのアセンションの流れの中で起きてることだなーって・・・。

 

思ったわけです。

 

2012年を頂点に、銀河系のコアから生命エネルギー(アセンションエネルギー)が地球にどんどん流れ込んできて、「アセンション=次元上昇」という事象が進行し始めた。

 

2013年、2014年とその勢いは増してきて、アセンションエネルギーに満たされた地球は、急速に変わり始めた。

 

私が思うに、アセンションの始まりの頃は、アセンションエネルギーに慣れなくて、肉体や精神や状況やあらゆるところで、みんなわちゃわちゃやってた感がある。

 

鬱っぽくなるとか、急に体調を崩すとか、現実がおかしくなっていくとか・・・。

 

今までになかったような犯罪も増えてきていたし、気候も変。

 

でも、慣れないエネルギー下でカオス状態だった地球も、2015年の前半で終わりを告げて、2015年の秋から年末にかけて、いよいよ本格的なアセンションした地球が始まるなって。

 

二極化は進んでいき、アセンションエネルギー(高い振動数)に乗って、どんどん舞い上がっていく人、アセンションエネルギーに壊されていったり、逆に落とされて行っちゃう人・・・。

 

くっきり分かれていくのが2016年。

 

そう感じていた。

 

本当にそうなるんだな、と実感した次第。

 

で、アセンションという視点じゃなくて、西洋占星術の視点から眺めてみると、いくつかの面白い事象が読み取れます。

 

一つはね、ちょうどベッキーちゃんの騒動が発覚した日から、水星が逆行してるんだよね。

 

水星はコミュニケーションや知性を表す星。

 

同時に、情報や通信、書類や文章、さらにいえば交通機関や旅行なども表します。

 

水星が逆行すると、情報が混乱したり、誤った情報が流されたり、人がみんな思い違いをしたりします。

 

個人レベルでは、アポが取りづらくなったり、仕事のやり直しが起きたり、一度消えた案件が浮上したり・・・昔の知り合いから連絡が来たりします。

 

交通機関は乱れるし、約束がリスケされたり予定通りいかなくなる。

 

順調に進んでいたはずのことが滞ったりね。

 

まあ、これは年に3回起きることなので、それほど珍しい星の動きではありません。

 

しかし、ちょうど今、ジャストナウ、水星と冥王星が重なって、1度の差で天王星とスクエア(凶角)という配置ができている。

 

冥王星はめっちゃ究極で破壊力のある星。

 

上にも下にも振り切れていく。

 

「破壊と再生」を表していて、一度ぶっこわして、もう一度立て直すという働きをする。

 

隠されていたものを暴き出すという働きもする。権力や独裁者みたいな意味もある。

 

天王星は変化の星。

 

革新的なパワーを持って、あらゆるものを刷新していく。

 

スクエア(凶角)ってことは、それを無理やりする。

 

有無を言わさず。否応なく。

 

起きているサインは、社会とか古い体制を表す山羊座と、パイオニアや一番手、正義感や怒りをあらわす牡羊座。

 

もう、今起きていることまんまですね。

 

怒りっぽく正義感のある人たちが、権力者や古い体制から来る嘘を暴き出して白日の下にさらす・・・そして、壊して立て直そうとする。

 

世間を揺るがすビッグニュースも冥王星がらみならさもありなん。

 

でもって、水星の逆行は1月25日まで。

 

26日からは順行に戻ります。

 

水星逆行中に起きたことや決定されたことは、順行になると覆されたり話が変わったりするので、このころを境に世間の風潮が変わるとか、報道内容が変わるとかあるかもしれません。

 

あるいは、国民みんなの気持ちが変わるとか、別なことに意識がいくとかね。

 

騒動にかかわる人たちの考えががらりと変わる・・・という場合も。

 

でもって、個人個人の配置を見てみたのですが、なるほどなあと思ったのが、ベッキーちゃん&川谷さんの配置。

 

ベッキーちゃんは太陽が魚座、川谷さんは射手座で、ちょうど制限と困難の星・土星が来ているんですね。

 

川谷さんの場合は真上、ベッキーちゃんはスクエアで凶角。

 

川谷さんに至っては、騒動が明るみに出た1月6日、ちょうどぴったし、太陽の真上に土星がのっかっていました。

 

そして、数日後の1月7日とか8日には、愛情の星・金星が土星を追いかけるようにやってきて、太陽の真上を通過していったので、これが、苦しい中でもベッキーちゃんとLINEや電話のやり取りで愛情を深め合った配置かなと思ったり。

 

土星が射手座に入ったのはちょうど昨年の9月半ば頃で、二人が出会ったのは10月だというし、まさに、土星の仕業だったんですね。

 

しかし、その一方で、拡大・発展をあらわすラッキースター木星は、昨年の8月から乙女座に入って、ベッキーちゃんのパートナーシップの場所を移動していたから、よいパートナーに出会うけど、同時に困難もやってくるっていう配置だな。

 

川谷さんのプライベートを表す月も乙女座の可能性があり(生まれた時間で変わる)、そうなると、やはり川谷さんもプライベートで喜びがあった反面、困難も同時にやってきた・・・ということに。

 

この土星、あとちょうど丸2年、二人に影響を及ぼす射手座にいます。

 

この期間はいろいろ、身動きが取れないとか、不本意な状況に置かれるとか、そういう風になるだろうなあと思います。

 

まあ、逆からいえば、2年の我慢だ!ということになりますけどね。

 

しかし、一つ思うのは、二人の関係が土星がやってきて始まった・・・ということ。

 

すなわち、成長や学び(別の言い方をすると試練)のために出会ったんだなと。

 

関係が本物であれば、この期間に強い絆が育って、土星が去ったあとゴールインとなるだろうし、そうでなければ土星が去ったと同時に(あるいは土星がいる期間に)さようならとなるのでしょう。

 

土星は本物しか残さない星なのでね・・・。

 

SMAP騒動のほうを個人的な星で見てみると、わりと大きな影響を受けていたのは草なぎ君と稲垣さん。

 

草なぎ君のほうは、太陽の真向かいに水星と冥王星の合、スクエアに天王星がぴったしきていて、思いっきり変化を促す流れ。

 

これをきっかけに、自分の人生について考え直すとか、方向性を変えるとか、ありそうですね。

 

稲垣さんのほうは、太陽の真上を土星が通過中でした。

 

木村さんは太陽(人生の目的)に対しては水星・冥王星が吉角だったけど、金星(愛情、お金、楽しみごと)に対しては、水星・冥王星・天王星がバッチリ凶角。

 

裏切者報道があったし、ファン離れが進んだり、私生活で愛情にひびが入るとか、お金に問題が起きて来るとか何かしらありそうな気配ですね。

 

中居君は、感情や私生活を表す月の真上を土星が通過しているので、表向き、公な自分ではなく、心の内側、感情的な部分に重しが乗ったような感じになってるのかな。

 

香取君は、コミュニケーションや言葉を表す水星のぴったり真上に水星・冥王星の合とスクエアで天王星。

 

真実が言えないとか・・・逆に何か暴露しちゃうとか??隠していたことを言ってしまうとかね。

 

メリーさん、ジャニーさんは、世代的な配置だけど強力なやつが・・・。

 

特にジャニーさん。

 

n土星の真上にt冥王星がぴったり合だし、n天王星の真上にt天王星が乗っかってスクエア。

 

完全に引退の配置ですね。まあ、お年的にもね。

 

めちゃ苦しいのではと思うのですが、実はご病気とかではないですよね??

 

メリーさんは、水星の上に土星が乗っていて、言葉やコミュニケーションが制限される配置。

 

あるいは、自分の言葉に苦しめられるとかかな。

 

もういっこ、これは世代的な配置だけど、n冥王星の真向かいにt冥王星がバッチリきている。

 

「死と再生」を表す強烈なパワーの冥王星に、同じく冥王星が向かい側から働きかける・・・。

 

どうなるんやこれ・・・。

 

飯島さんの誕生日がわからなかったので調べられなかったのですが、彼女の星の配置を見ると、きっと何らか見つかるんじゃないかと思います。

 

生まれた時間もわかると、アセンダントで何か関わっている人もいる気はするのですが。

 

あ!

 

あともう一つとても興味深いことが・・・。

 

ベッキーさんの騒動を聞いてまず思ったこと。

 

「南の七赤金星をおかしたんかなー」

 

そう、方位の影響の話です。

 

そしたら、最初の報道が出た後、ベッキーさんがオーストラリアに行ったらしい情報が。

 

ベッキーさんは本命星が七赤金星。

 

そして、現在南には年盤・月盤ともに七赤金星が回っている!

 

まさしく、南の七赤金星をおかしている状況・・・。くりびつ。

 

しかも、吉も凶も二倍になる同会月。

 

南の凶意は「嘘がバレる、隠し事が明るみに出る、裁判沙汰、離れる、別れる」。

 

火の方位なので「炎上する」という意味もあります。

 

七赤金星は恋愛とお金の星。

 

吉で出れば楽しい恋愛をして金回りがよくなるんだけど、凶だと遊び好きになったり誤った恋愛をして傷ついたり悩んだり、失恋したり、無駄なお金がどんどん出ていくことになる。

 

本命殺は「自分の間違った行動によって問題が起きてくる」意味。

 

今回のベッキーちゃん騒動のまんまや・・・。

 

それにね、前回のブログでも書いたけど、「南に北の気が漏れ出してるんじゃ?」疑惑。

 

北は秘密恋愛、セックス、悩む、ノイローゼっていう意味があります。

 

不倫愛はまさに北の象意。

 

隠していたことがばれて悩んでノイローゼになるというのは、北っぽいです。

 

北には八白土星が回っていて、八白は大きな財や親類縁者、変化の意味。

 

凶で出ると、巨額のお金を失う、親類縁者のもめ事に巻き込まれる、悪い変化が起きる。

 

なんかこれも当てはまってるよね。

 

CMの違約金が数十億円にも上るようですから・・・。

 

え?方位効果って海外は7か月後とか10か月後じゃないの?と思ったあなた。

 

いえいえ、行く前や、行ってすぐ出る場合もあるんです。

 

特にいま、アセンションでエネルギーの流れが速くなってるから、方位効果もこれまでより出方が早いのかもな。

 

(この騒動の前にプライベートまたは仕事で凶方位を犯している可能性もありますが)

 

南は「離」の作用があるから、やっぱり二人は別れる方向なんかなあ・・・なんて思ったり。

 

ではね!

 

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /
記事一覧
記事一覧

人気記事ランキング

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

月別アーカイブ

  • Love blooms