2021年3月31日

男性性ばかり使いすぎてきた

 

 

ずっと、男性性ばかり使いすぎて生きてきた。

 

 

こうやって生きてくると、自分がどれだけ女性性を使わずにきたのか、さっぱりまったくわからなくなり果てていて。

 

 

男性性のみ使って生きることがあまりにも当たり前になりすぎていて、どれだけ自分がバランスを欠いた生き方をしてきたのか。

 

 

今でもよくわからないくらいなのです、女性性をちゃんと使いながら生きるのがどういう感じなのか。

 

 

 

男性性を使いすぎるということは、とにかく前のめりに必死にあれやこれややる、ということと同等で。

 

 

やってもらうとか、与えてもらうとか、穏やかに心地よく日々をただ過ごすとか、ほとんど皆無。

 

 

だから今、そういう日々が現れ始めると戸惑う。

 

 

困る。

 

 

長続きしないだろうと怯えてしまい、これが取り去られたときに大コケしないように、今から身構えて、どっぷりやってもらう生活、与えてもらう日々にひたらないようにしている自分がいる。

 

 

でも本当は、これに慣れなくちゃならない。

 

 

それが、男性性と女性性のバランスを取るということだから。

 

 

男性性と女性性のバランスが取れて初めて、人は真の幸せに近づくのだと、頭では知っているけど、エネルギー的にはまだまだ難しい。

 

 

だから、つい前の状態に戻りたがる。

 

 

 

それに加えて。

 

 

今の私は、色々な面で無理がきかなくなっている。

 

 

体力的な面だけじゃなくて、精神的な部分も含めて。

 

 

頑張れないし、我慢がきかない。

 

 

無理できない。

 

 

心の状態が、不健康な方へはもういけない。

 

 

これはやはり、解除セッション効果であると同時に、たくさんこれまでやってきたディープな呪術解除効果に他ならない。

 

 

満了日を迎えての変容だと知っている。

 

 

だから、これはいいことだとわかっていながら、でもやっぱり不安がる私はいます。

 

 

これこそが、自罰ブロックの別の現れでしかないというのに。

 

 

頭では解らされていても、心はまだちゃんと理解していない、だから不安なのだと思う。

 

 

 

ずっと、ずーっと、無理ばかりしながら生きてきた。

 

 

肉体的には、寝ない、食べないのは平気だし当たり前。

 

 

痛くても、辛くても、少しなら大丈夫だと、人にも見せず、言わずに生きてきた。

 

 

肉体的な面だけじゃなくて、精神的にもそうだった。

 

 

気づかなかったけど、そうだったみたいで。

 

 

昨今の変革によって、自分でやっと気づいてきたのは、それだったのか!と。

 

 

私の人生が今一つ良くならない原因は、それしかなかったと。

 

 

つまりは。

 

 

頑張りグセ、無理しすぎるクセ、それを誰にも言わない見せないようにすることがあまりにも当たり前であった日常。

 

 

それは、やはり苦しくて不安で仕方がない心持ちを沸き立たせ、だからまた頑張る、無理する。

 

 

この繰り返しの果てには、無理し続けないと維持できないレベルの生活が成り立ってしまう、ということで。

 

 

だからこそ、また無理し続け、頑張り続けてしまうのです。

 

 

かくして日常に無理や我慢は存在し続ける。

 

 

 

そんな生き方に終止符を打ちたいと、解除セッションに打ち込んできた。

 

 

根深い呪術解除も、そのためにひたすらやってきた。

 

 

どこに原因があるかわからず、ただもがくように生きてきた前半生から後半生にかけて、ゆっくりと、徐々にだけど確実に人生は良くなってきていて。

 

 

そして、呪術解除を始めたら、どうしても動かなかった山がゆっくりでも確実に動き始めた。

 

 

だからこそ、もっと知りたい、もっとはずしたい、もっと自由になりたいと、呪術解除を行なってきた。

 

 

その結果の今です。

 

 

今、私は無理がきかなくなっていて、前なら何とか必死でねじりハチマキしめて頑張ってこなしたことも、もうその力は出ない。

 

 

これが今、1番の不安。

 

 

だけども、高次元の存在たちは言う。

 

 

「そうでないと、真実の幸せには辿り着けないんじゃない。

 

 

そうすべきではないと私たちがどれだけ口を酸っぱくして言い続けてきても、あなたは止まれなかった。

 

 

止まらないだけじゃない。

 

 

生きるつもりすらなかった。

 

 

言っている意味がわかるか。

 

 

あなたは、生きながらにして死んでいた。

 

 

どれだけ私たちがあなたを生かしたい、生かそうと思っても、あなたはすぐに死にたがって、死にに行く方向にしか向かっていなかった。

 

 

今、あなたは生きようとしている。

 

 

生きるときに必要なものは何か。

 

 

まず栄養素である。

 

 

足りなさすぎたこれまでの食事の内容から摂り方から、あらゆるすべての生命維持活動においてあなたは不健康さを貫こうとしていた。

 

 

寝ない環境に身を置くために、夜中に仕事をし続ける。

 

 

その時の言い訳はこうだ。

 

 

『仕事が終わらない』

 

 

終わらないはずはないのだが、あなたは夜に寝ないためにも昼間にガツガツと活動的に動き回り時間を作ろうとしなかった。

 

 

仲間とのくつろぎさえ嫌がり、家族との語らいさえ拒否してあなたが向かっていた先はただ孤独な死でしかなかった。

 

 

今、愛するものを得たあなたの頭にあるのは、死にたい、ではなく、どれだけでも長く生き続けたい、に変わったのならば。

 

 

あなたの無理がきかなくなった理由は言わずともわかるだろう。

 

 

あなたは無理をすべきではなかった。

 

 

今も、これからも。

 

 

無理をすべきではありません。

 

 

たとえそれで仕事の生産性が落ちたとしても。

 

 

結果としてあなたが得るのは、地位でも名誉でもない。

 

 

またお金でもなく仕事の発展でもなかった。

 

 

ただ、長生きをしながらのんびり人生を楽しんでいく生き様への変換。

 

 

それしか今のあなたが求めていないのなら、それはそうなりますが、しかし、またここにおいて矛盾は生じます。

 

 

それは、あなたが全てを手放し、お金でもなく仕事の発展でもないと腹決めをした瞬間から、仕事は発展せざるを得ないし、あなたの能力が格段と飛躍した暁には金銭的な面も回復せざるを得ません。

 

 

すべては、パラドックスに満ち溢れている世界。

 

 

だからこそ、重ねて言う。

 

 

あなたは無理をもうすべきではないと。

 

 

焦りは捨て去り、今ここ、この瞬間の喜びだけに目を向けよ。

 

 

私たちからは以上です」

 

今、初めて明かされるようで、いやしかし、確かにこれまでも聞かされてきた言葉でもある。

 

 

自分では死にに行っているつもりはなかったけど、確かにそうだったかもと、今気づく。

 

 

不思議だけど、穏やかな生活を心から望み、そのためにずっとそれを得ようと活動してきたのに、それが目の前に現れてくると焦り、否定し、前のように戻ろうとしてしまう。

 

 

いや、してしまっていた。

 

 

揺り戻しは、あります。

 

 

でも、慣れていこうと思い直しました。

 

 

マイペースで、無理せずに。

 

 

 

そして、この話は私の話であると同時に、やっぱり、頑張りすぎてしまう、男性性ばかり使いすぎてしまう、みんなの話に他ならないと思います。

 

止めようと思っても止まらないなら。

 

 

頑張って、何もかも背負おうとついしてしまうのならば。

 

 

やっぱり、解除セッション、おすすめします。

 

 

特に、根深い呪術解除は必ず、ゆっくりだけど確実に皆の生活を変えていくから。

 

 

また引き続き、解除セッションを行っていきますので、ぜひ多くの方にご利用いただけたらと思っています。

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

▼▼▼スポンサードリンク▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  スピリチュアルメンター けいこ ヴァールハイト Keiko Wahrheit Official Blogの最新記事が届きます! /
記事一覧
記事一覧

人気記事ランキング

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

▼スポンサードリンク▼

月別アーカイブ

  • Love blooms